坂本美雨の旦那。娘の名前はミヤで猫の名前はサバ美

スポンサーリンク

大物ミュージシャンの父親と母親の間に生まれた
坂本美雨さん。

自身もミュージシャンとなり
両親とはまた違った形でがんばっておられますね。

スポンサーリンク

1980年5月1日にうまれて
9歳のときにはアメリカ合衆国ニューヨーク州に移住することになり
高校生まで過ごすことになりました。

高校生である16歳のときから日本で音楽活動を開始することになりますが
学校では美術を専攻したりと
いろんな芸術活動をなさっていました。

「Sister M」という名前でお父様の作品である
「The Other Side of Love」にでたのが歌手デビューとなりますが
お父様はそれまでは彼女の歌声を聞いたことがなかったといいます。

その後は「鉄道員(ぽっぽや)」の主題歌を歌ったりと
活躍をしていくことになります。

家族

お父様は坂本龍一さんでお母様は矢野顕子さんになり
5歳年上の異父兄でお母様が前夫との間に生んだ風太さんが
家族にいます。

旦那さんはブックディレクター兼編集者の男性で2014年の3月1日に
結婚することになりました。

1歳年下の夫である山口博之さんとの間には
2015年7月27日に長女が誕生することになりました。

結婚してすぐに子供を授かったわけですが
帝王切開での出産となり、もしかしたら流産という
可能性もあったらしいですね。

子宮筋腫もあったそうですので
無事に生まれて本当によかったと
思います。

娘さんの名前ですが
ミヤではないかといううわさがあります。
生まれて第一声がミャーだったところから
そうなったと思った人がたくさんいたみたいですが
猫好きな彼女がしゃれでいったことでしょうから
実際の名前は違うんじゃないかと考えられますね。

ちなみに猫好きで知られる彼女ですが
生まれたころから猫と一緒にいるのが当たり前の生活であったらしく
好きというよりなくてはならないものといった
状態になっているといえますね。

その1匹にはサバ美という名前の猫がいるのですが
黒と白のシマシマ模様でサバトラ猫の血を
ひいているのではないかと思います。

里親募集サイトで見つけることになったのですが
過去に飼っていたタビという猫に性格が似ていたこともあって
会いにいって引き取ることになりました。

名前はすでに保護団体がつけていたものをそのまま使い
今では家族の一員としてなくてはならない存在に
なっておられるようですね。

猫は犬と違って自由でありえさをあげる以外には
あまりよってきたりもしないところがありますが
そういった距離感というものがまたいいのかも
しれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る